第01回 Tシャツの話
     

サークルぜろじげんTシャツの話
「こえんちゅ!代乃木声優物語」のパッケージタイトル。
ここでキャラクターの美琴ちゃんが着ているTシャツは、ぜろじげんのサークルTシャツです。
いったいどのようにしてこのTシャツは出来たのでしょうか?

1:Tシャツが出来るまで
今回、ぜろじげんでは、サークルのロゴをあしらったTシャツを作りました。
もともと、サークルメンバーが色んな場所でバラバラになっていたので、会議などを一度に開けることもなく、打ち合わせも顔を合わせたり、メールだけだったり、電話したり、メッセンジャーだったりとバラバラになるので「このままじゃいかん!」ということで、「メンバーの意欲向上のため」Tシャツをプロジェクト途中で作りました。Tシャツの制作会社を見積もりして、安く作って貰えるところを探して、制作しました。イラストレーターのデータを用意してデータを送る。お金を振り込んで、指定した日に届く。箱を空けたときの最初の興奮はやっぱり忘れません。


2:意外と好評?
これが、作ったTシャツのサンプルイメージです。



中央には大きいプリント、袖口には「ぜろじげん」のロゴがある、シンプルだけど飽きの来ないデザインができあがりました。ワンポイントは胸の部分にあるスズメをあしらったアイコン。スズメはこのゲームに登場するキーのキャラクターです。出来たTシャツはさっそくメンバー全員に配りました。手渡し&郵送です。みんなよろこんでいて、とっても良かったです。最初はメンバーに向けて10着作ったんですが、また途中からメンバーが追加になったので再度増産しました。

3:当日も置いてみたら・・・
夏コミ当日は、僕たちも売り子で参加するという形でした。夏コミ当日も欲しいという方がいるかわからないが、とりあえず置いておこう。ということになって、置いてみると意外、メンズサイズが全部売り切れになってしまいました。
中には、調べて来てくれた方もいて、Tシャツありますか?というのを聞かれて、泣く泣く「ありません」と答えた事もありました。

4:いつでも着られるデザイン
コミケが終わった後も、着られるようなのがいい。
元々サークルのデザイナーのヒカルさんと、「普段も着られるような、カッコイイ!デザインを」というコンセプトで作りました。ちなみにキャラクターが着るとこんな感じです。



5:最後に
現在も次のプロジェクトが進行中なので、メンバーにむけて何かを作ってみたいと考えています。
個人的には紺のハイソックスに刺繍が入ったやつを作りたいですが、メンバーの反対に遭っているので悔しい・・・。みんなが使えるものがいいなぁと考えてます。紺のハイソックスだって使えるじゃんよ!