» » You are reading »

【台湾的同人行事】ファンシーフロンティアに行ってきました 後編

前の日はこちら

ディンタイフォンという中華料理屋に行きました。

サイトはここ

ここは日本でも有名なレストランで、午前中は日本人の観光客が多く来ていました。

午後から夜にかけては混むみたいなので午前中が良いみたいです。

 


 これが小籠包
うまいです。とても。

腹一杯食べても3人で1700元(5千円ちょい)くらいと、非常にリーズナブル。

そして今回の目玉である。ファンシーフロンティアへ。

台湾では冬は雨の日が多いみたいで、行った当日も雨でした。
 気候は肌寒く、北海道の夏みたいな感じです。

ここは台北の市内にある、台湾大学。

日本で言う東大みたいな感じですね。

キャンパスはめちゃくちゃ広いです。

その中にある体育館を使って行われます。

googlemapはこちら
大きな地図で見る

 

入場料は二日通し券で200元です。

買うと紙袋とノートがついてきます。

中はこんな感じです。

わははは、人がゴミのようだ!

二階席では既に戦利品をゲットした人達がいました。

 

ブースは結構な人がいます。
 自分が行った時間は午後の時間で、結構すいていましたが

ちょうど二日目で、ゲストにハルヒのキョン役で有名な杉田智和さんが

来ていて
きゃー!という女子の叫び声がこだましていました。

外はコスプレスペースになっています。

コスプレのレベルも高いです。

ミクの雪んこバージョン
かわいい。

うみねこのベアトリーチェさま。
うーむ。怪しい感じがとてもいいですな。

けいおんですね!かわいい。

 

ボカロはやっぱ人気みたい

三国無双。台湾では人気みたい

 

これもミクですね。
レベル高けえーー!!
ブースは、ざっと見た感じだと、壁はオリジナルが多かった。

 

対不起は「ごめんなさい」という意味なので
多分新刊を落としたんでしょう。

東方・ヘタリア・レールガン・ミクなんかが多くいました。
 他にもコスプレDVDや、猫耳グッズ(この辺はタイでもありました)

 

18禁にはシールが貼ってあります。
普通に成年向けの同人誌もあります。

同人誌は一冊100元~200元くらいです。
抱き枕なんかもありました。

 

珍しい所だと、クッキーなんかが置いてありました。

スーパーマンのBLも島でありました。なんでなんだろ。

やはりぜろじげんとして、興味があるのは
同人ゲームを作っている所、ですよねー

自分はひたすら同人ゲームを出してるサークルを捜していましたが

ありました。ありましたよ!

Refrain Seasons 四季樂章 という同人ゲームです。

限定版と通常版で作っています。

限定版は、
・ゲーム本編CD・サウンドトラック(2枚組)、紙袋、ポスター、設定資料集、しおり、カード、裏設定表、取り扱い説明書・・・等々

すげーよ・・・台湾ぱねえよ。

同人ゲームにこんだけぶっ込んでるなんてそうそう出来るもんじゃない。
愛がないと・・・ここまで出来ないぞ!?

 話を聞いてみると、どうやら製作には3年かかって作ったそうです。

ノベルエンジンは吉里吉里を使って製作しています。

メンバーもかなり多くの人が関わって作っているみたい。

限定版が700元(1970円くらい)通常版が350元でした。

こりゃあ限定版ゲットせんといかんでしょ。
と言うことで迷わず一つゲット。

開いた時にあまりのすごさに
Twitterでつぶやいたら大変なアクセスに・・・

 台湾産同人ゲーム。パケを開けたら大変な事になってた。これは勝てねえ。すげーの一言

サークルのサイトはこちらです。

杉田智和さんのトークショー以外にも
 竜騎士07や、西又葵、志倉千代丸社長も来ていたみたいです。

これはフリーのイラストコーナー

会場の外では、ニコニコ動画や、とらのあな、ホワイトキャンバスなんかもブースを出していました。

ホワキャンの人に少し話を聞いてみましたが2007年頃から出しているみたいで

こんなに人数がくるのは最近の話みたいです。

外に出ると、痛車が停まっていました。
ハルカの痛車とみくる号です。


ナンバープレートまでみくる・・・ガチだぜ。

商業でも面白いマンガがありました。
下ネタ系のギャグマンガです。
AV端指

なんでも台湾では、イニシャルDが実車映画化で湧いていた時期があり

少し前までは、『藤原とうふ店』と書かれていたAE86が台北をたくさん走っていたこともあるとか。
すげー

行ってみた印象としては、日本のコミック1やサンクリと変わらないくらいの人数、
規模かなと思いました。

そしてみんな日本語普通に話せる!

日本のアニメやコミック、ゲームで日本語を学ぶんだって。
自分も中国語話せるようになりたいなと思いました。

すごいね台湾!

最近はLCCで関西空港から台北まで12000円で行ける航空券もあるし
ジェットスター航空

台湾のイベントに参加も手軽に行けて便利ですね!
みんなで台湾行こうぜ!

おまけ

台湾のメイド喫茶 西門のすぐ入り口にあります。

 

店内の写真。
日本のメイド喫茶とあんまり変わらない感じ。
普通に女の子やカップルも多く来ていました。

 

サイトはこちら

その後KFCに行ったんですが、備え付けの新聞に
ファンシーフロンティアの記事が載ってました。びっくり!

 

すごいぜ台湾!

詳しい話や他にもあった色んな怪しい話はこちらで聞くことが出来ます。



Video streaming by Ustream

関連記事:
【イベント】バンコクレポート#01 到着・MBK編

      【Road to A-kon21】A-konへの旅 その1 成田から

shirowイベント
前の日はこちらディンタイフォンという中華料理屋に行きました。サイトはここ ここは日本でも有名なレストランで、午前中は日本人の観光客が多く来ていました。 午後から夜にかけては混むみたいなので午前中が良いみたいです。   これが小籠包 うまいです。とても。 腹一杯食べても3人で1700元(5千円ちょい)くらいと、非常にリーズナブル。 そして今回の目玉である。ファンシーフロンティアへ。 台湾では冬は雨の日が多いみたいで、行った当日も雨でした。  気候は肌寒く、北海道の夏みたいな感じです。 ここは台北の市内にある、台湾大学。 日本で言う東大みたいな感じですね。 キャンパスはめちゃくちゃ広いです。 その中にある体育館を使って行われます。 googlemapはこちら 大きな地図で見る   入場料は二日通し券で200元です。 買うと紙袋とノートがついてきます。 中はこんな感じです。 わははは、人がゴミのようだ! 二階席では既に戦利品をゲットした人達がいました。   ブースは結構な人がいます。  自分が行った時間は午後の時間で、結構すいていましたが ちょうど二日目で、ゲストにハルヒのキョン役で有名な杉田智和さんが 来ていて きゃー!という女子の叫び声がこだましていました。 外はコスプレスペースになっています。 コスプレのレベルも高いです。 ミクの雪んこバージョン かわいい。 うみねこのベアトリーチェさま。 うーむ。怪しい感じがとてもいいですな。 けいおんですね!かわいい。   ボカロはやっぱ人気みたい 三国無双。台湾では人気みたい   これもミクですね。 レベル高けえーー!! ブースは、ざっと見た感じだと、壁はオリジナルが多かった。   対不起は「ごめんなさい」という意味なので 多分新刊を落としたんでしょう。 東方・ヘタリア・レールガン・ミクなんかが多くいました。  他にもコスプレDVDや、猫耳グッズ(この辺はタイでもありました)   18禁にはシールが貼ってあります。 普通に成年向けの同人誌もあります。 同人誌は一冊100元~200元くらいです。 抱き枕なんかもありました。   珍しい所だと、クッキーなんかが置いてありました。 スーパーマンのBLも島でありました。なんでなんだろ。 やはりぜろじげんとして、興味があるのは 同人ゲームを作っている所、ですよねー 自分はひたすら同人ゲームを出してるサークルを捜していましたが ありました。ありましたよ! Refrain Seasons 四季樂章 という同人ゲームです。 限定版と通常版で作っています。 限定版は、 ・ゲーム本編CD・サウンドトラック(2枚組)、紙袋、ポスター、設定資料集、しおり、カード、裏設定表、取り扱い説明書・・・等々 すげーよ・・・台湾ぱねえよ。 同人ゲームにこんだけぶっ込んでるなんてそうそう出来るもんじゃない。 愛がないと・・・ここまで出来ないぞ!?  話を聞いてみると、どうやら製作には3年かかって作ったそうです。 ノベルエンジンは吉里吉里を使って製作しています。 メンバーもかなり多くの人が関わって作っているみたい。 限定版が700元(1970円くらい)通常版が350元でした。 こりゃあ限定版ゲットせんといかんでしょ。 と言うことで迷わず一つゲット。 開いた時にあまりのすごさに Twitterでつぶやいたら大変なアクセスに・・・  台湾産同人ゲーム。パケを開けたら大変な事になってた。これは勝てねえ。すげーの一言 サークルのサイトはこちらです。 杉田智和さんのトークショー以外にも  竜騎士07や、西又葵、志倉千代丸社長も来ていたみたいです。 これはフリーのイラストコーナー 会場の外では、ニコニコ動画や、とらのあな、ホワイトキャンバスなんかもブースを出していました。 ホワキャンの人に少し話を聞いてみましたが2007年頃から出しているみたいで こんなに人数がくるのは最近の話みたいです。 外に出ると、痛車が停まっていました。 ハルカの痛車とみくる号です。 ナンバープレートまでみくる・・・ガチだぜ。 商業でも面白いマンガがありました。 下ネタ系のギャグマンガです。 AV端指 なんでも台湾では、イニシャルDが実車映画化で湧いていた時期があり 少し前までは、『藤原とうふ店』と書かれていたAE86が台北をたくさん走っていたこともあるとか。 すげー 行ってみた印象としては、日本のコミック1やサンクリと変わらないくらいの人数、 規模かなと思いました。 そしてみんな日本語普通に話せる! 日本のアニメやコミック、ゲームで日本語を学ぶんだって。 自分も中国語話せるようになりたいなと思いました。 すごいね台湾! 最近はLCCで関西空港から台北まで12000円で行ける航空券もあるし ジェットスター航空 台湾のイベントに参加も手軽に行けて便利ですね! みんなで台湾行こうぜ! おまけ 台湾のメイド喫茶 西門のすぐ入り口にあります。   店内の写真。 日本のメイド喫茶とあんまり変わらない感じ。 普通に女の子やカップルも多く来ていました。   サイトはこちら その後KFCに行ったんですが、備え付けの新聞に ファンシーフロンティアの記事が載ってました。びっくり!   すごいぜ台湾! 詳しい話や他にもあった色んな怪しい話はこちらで聞くことが出来ます。 Video streaming by Ustream 関連記事: 【イベント】バンコクレポート#01 到着・MBK編       【Road to A-kon21】A-konへの旅 その1 成田から

Share this post

You might also like to read:

GADGET

ポケモンGoPlusが買えない件

ポーカー

ポーカーについて語ってみる件

ゲーム

Outlast2の体験版が公開されたのでやる件

» » You are reading »

【台湾的同人行事】ファンシーフロンティアに行ってきました。前半

やぁやぁ最近は暖かい日が続きますね。
もう春ですね。

花粉症の季節です。
春なのに 春なのに ため息また一つ。

というわけで
台湾に行ってきました。

今回はサークル参加ではないんですが、
ファンシーフロンティアを見に行ってきました!

…more »

shirowイベント
やぁやぁ最近は暖かい日が続きますね。 もう春ですね。 花粉症の季節です。 春なのに 春なのに ため息また一つ。 というわけで 台湾に行ってきました。 今回はサークル参加ではないんですが、 ファンシーフロンティアを見に行ってきました! (さらに…)

Share this post

You might also like to read:

GADGET

ポケモンGoPlusが買えない件

ポーカー

ポーカーについて語ってみる件

ゲーム

Outlast2の体験版が公開されたのでやる件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA