前回までのまとめ
アメリカには同人はないが、アマチュアのマイナー商業誌ならある。
個々を繋ぐAPA、コミュニティとしてのFANZINE
SFコンベンション中にホテルの一室でアニメ上映会をしたのが
アニメコンベンションの先駆け。
中盤の話はこちら


============
十章 同人誌の文化
============
アメリカではパロディの権利が認められている。
Wikipedia:フェアユース
ダーティペアのエロパロなども良くあった。
ピークは98年前後
性的な表現、政治的な表現は、印刷屋がつっぱねる。
(性描写のある本を印刷可能な)印刷所を見つけるかが問題。
性描写が含まれていると「ばあちゃんが嫌がるんだよね」と断る。
============
十一章 エロに対する考え方
============
日本ではすべからくエロに関してタブー視されるが
アメリカではそれほど厳しくはない。
ただ、大きな基準として
「正しいか、正しくないか」という判断がつきまとう
アメリカではソドミー法というのがあり、婚姻以外の性交を禁止している州もある。
ソドミー法
「アメリカに実際にあった!セックスにまつわる変な法律」
余談:アメリカでは正常位のことを英語でミッショナリー(宣教師)ポジション
と呼ぶ
偶像かどうかという判断ではなく、正しいかどうかというのが基準となる。
ここら辺で時間になり、質疑応答の時間へ
============
十二章 アニメに触れる文化
============
アメリカでは何と言ってもアニメが一番、マンガは付随した形。
コミック専門店にある。
マンガはスーパーにも売っている。
コンビニは虫の息
基本はガソリンスタンド
子どもは基本的にテレビからアニメに触れる
本にはなかなか触れられない。
ガンダムの放送時間にガンダムのCMは流せない。
日本のエロは女性が主体になっているという点で異なる。
============
わいせつ物に関する法律
============
ハンドリー事件とわいせつ定義
わいせつの定義
 1)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現の全体が「好色な興味に訴える」表現と認められる。
 2)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現に於いて非常に不快な形で性行為などを描写している。
 3)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現がその全体に於いて文学的・芸術的・政治的・科学的価値が一切欠如している。
日本とは全然違う、米国の「猥褻」定義
ハンドリー事件に関する内容はこちら
1466A 児童ポルノに関する法律
Obscene visual representations of the sexual abuse of children
前科者とそうでない者に対する扱いが全然違うのがアメリカ
コムストック法により、荷物の開封、検査は合法
その後どこの法律で裁くか
1466A(児童ポルノに関する法律)は連邦政府の法律
エロに関する法律
法律は州によって異なる。
ダウンロードに関する責任
カリフォルニアは発信者に、フロリダは受信者に
ダウンロードさせる際に、特定のエリアの人はダウンロードしてはいけないという注意書きをつけなければいけない。
エロに関する法律が緩いのは、カリフォルニアとニューヨーク
保守的な地域はエロに対して厳しい。
ハンドリー事件のあったのはアメリカ中西部のアイオワ。
ここは性に対して保守的。
アメリカでは陪審員制度により、地域性が色濃く反映される。
エロに限らず、一般人の一般的な考え方というのが裁判において
重要なポジションをしめる。
基本的に作った人はOK、売った人に責任がある。
しょっ引かれるのは書店。基準を作るのも書店。
エロアニメの場合は、大人に見えるように毛を書き込むということも行う。
テキサスではディルドーの上限所持数も法律で決まっている(7本まで)
という感じ。
あとは細かい質疑の中で色々出てきたけどここでは省略します。
とりあえず自分の所感でまとめると
・同人誌は無いが、個人で製作するマイナーな商業誌はある
・個人でも製作は可能で、流通も商業と同じように載せられる
・印刷屋を探すのが大変。
・アメリカと一口に言っても州毎に法律が異なるため、基準も州毎に異なる。
・作った人に罪は無いが、売った人に責任がある。

一口に海外といっても地域は色々あるわけで
アメリカといっても州毎に全然違うんだね。
いやぁ、色々と勉強になりました。
Twitter
@takeshi_nogami(野上武志)
@yamibun(鈴木貴昭)
@dankanemitsu(兼光ダニエル真)

shirowイベント
前回までのまとめ アメリカには同人はないが、アマチュアのマイナー商業誌ならある。 個々を繋ぐAPA、コミュニティとしてのFANZINE SFコンベンション中にホテルの一室でアニメ上映会をしたのが アニメコンベンションの先駆け。 中盤の話はこちら ============ 十章 同人誌の文化 ============ アメリカではパロディの権利が認められている。 Wikipedia:フェアユース ダーティペアのエロパロなども良くあった。 ピークは98年前後 性的な表現、政治的な表現は、印刷屋がつっぱねる。 (性描写のある本を印刷可能な)印刷所を見つけるかが問題。 性描写が含まれていると「ばあちゃんが嫌がるんだよね」と断る。 ============ 十一章 エロに対する考え方 ============ 日本ではすべからくエロに関してタブー視されるが アメリカではそれほど厳しくはない。 ただ、大きな基準として 「正しいか、正しくないか」という判断がつきまとう アメリカではソドミー法というのがあり、婚姻以外の性交を禁止している州もある。 ソドミー法 「アメリカに実際にあった!セックスにまつわる変な法律」 余談:アメリカでは正常位のことを英語でミッショナリー(宣教師)ポジション と呼ぶ 偶像かどうかという判断ではなく、正しいかどうかというのが基準となる。 ここら辺で時間になり、質疑応答の時間へ ============ 十二章 アニメに触れる文化 ============ アメリカでは何と言ってもアニメが一番、マンガは付随した形。 コミック専門店にある。 マンガはスーパーにも売っている。 コンビニは虫の息 基本はガソリンスタンド 子どもは基本的にテレビからアニメに触れる 本にはなかなか触れられない。 ガンダムの放送時間にガンダムのCMは流せない。 日本のエロは女性が主体になっているという点で異なる。 ============ わいせつ物に関する法律 ============ ハンドリー事件とわいせつ定義 わいせつの定義  1)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現の全体が「好色な興味に訴える」表現と認められる。  2)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現に於いて非常に不快な形で性行為などを描写している。  3)一般市民の視点からして、在住する地域の基準を踏まえ、特定の表現がその全体に於いて文学的・芸術的・政治的・科学的価値が一切欠如している。 日本とは全然違う、米国の「猥褻」定義 ハンドリー事件に関する内容はこちら 1466A 児童ポルノに関する法律 Obscene visual representations of the sexual abuse of children 前科者とそうでない者に対する扱いが全然違うのがアメリカ コムストック法により、荷物の開封、検査は合法 その後どこの法律で裁くか 1466A(児童ポルノに関する法律)は連邦政府の法律 エロに関する法律 法律は州によって異なる。 ダウンロードに関する責任 カリフォルニアは発信者に、フロリダは受信者に ダウンロードさせる際に、特定のエリアの人はダウンロードしてはいけないという注意書きをつけなければいけない。 エロに関する法律が緩いのは、カリフォルニアとニューヨーク 保守的な地域はエロに対して厳しい。 ハンドリー事件のあったのはアメリカ中西部のアイオワ。 ここは性に対して保守的。 アメリカでは陪審員制度により、地域性が色濃く反映される。 エロに限らず、一般人の一般的な考え方というのが裁判において 重要なポジションをしめる。 基本的に作った人はOK、売った人に責任がある。 しょっ引かれるのは書店。基準を作るのも書店。 エロアニメの場合は、大人に見えるように毛を書き込むということも行う。 テキサスではディルドーの上限所持数も法律で決まっている(7本まで) という感じ。 あとは細かい質疑の中で色々出てきたけどここでは省略します。 とりあえず自分の所感でまとめると ・同人誌は無いが、個人で製作するマイナーな商業誌はある ・個人でも製作は可能で、流通も商業と同じように載せられる ・印刷屋を探すのが大変。 ・アメリカと一口に言っても州毎に法律が異なるため、基準も州毎に異なる。 ・作った人に罪は無いが、売った人に責任がある。 一口に海外といっても地域は色々あるわけで アメリカといっても州毎に全然違うんだね。 いやぁ、色々と勉強になりました。 Twitter @takeshi_nogami(野上武志) @yamibun(鈴木貴昭) @dankanemitsu(兼光ダニエル真)