土曜日の事。
神楽坂にある旅館「和可菜」に行きました。
この旅館は前から行きたいと思っていた旅館で、
東京のど真ん中にある静かな旅館です。


何が有名かというと、この旅館は、
『男はつらいよ』『たそがれ清兵衛』などの
脚本で有名な山田洋次監督や、深作欣二監督、
野坂昭如さんなどが脚本を書く際に缶詰になる旅館です。
昔学生の時に読んだ英語の長文にこの旅館のことが
書かれていて興味を持ったのがウン年前・・・・・・
今年一年いいシナリオが書けますようにと
願って泊まりました。
事前に予約をしておいて、当日旅館へ
狭い路地を少し入り組んだところに和可菜はあります

玄関を歩き中へ
おわぁ・・・・・・これは趣があっていいですな・・・
こんな旅館が2010年に東京のど真ん中にあるとは・・・
ごめんください
奥からおばあちゃんがゆっくりと来ました。
「腰が痛くてね・・・ごめんなさいね」

あぁ、まるでなんというか実家のおばあちゃんの
家に帰ってきたかのような気持ちになれます。
階段を上り、葵の部屋へ
ここは山田洋次監督が篭もる部屋だそうです。

やっぱりこういうのは雰囲気が大事です。
部屋に付き、ノートパソコンとポメラを出し
シナリオ書きに勤しみます。
シンプルで何も無いので、その分集中出来ます。
旅館を一歩出て外にいけばそこら中に居酒屋があり
誘惑だらけですが、旅館にいる内はとても平和です。
シナリオを書く時はね 誰にも邪魔されず
自由で なんというか 救われてなきゃダメなんだ
独りで静かで豊かで……
その前に坂を下り、飯田橋にあるラーメン青葉に行き
腹に入れてから、旅館に戻ります。
普段の環境とは違うのと、静かな場所なので
とても集中して書くことが出来ます。
その後お風呂が沸いたのでお風呂へ
趣のある風呂でとても良い気持ちになれました。
ここで監督も湯船につかりながら
シナリオのことを考えていたんだろうか・・・
あー、のぼせるー
というので風呂から上がり、さっぱりしたところで
またシナリオを書きます。
夜の三時、こんなに筆が進んだのはいつぶりだろうか・・・
眠りにつくと、遠くから鈴の音が・・・
チリーン チリーン
てっきり外道坊が俺を殺しに来たのかと思ったが
ねこちゃんがいました。
八時起床、おばちゃんが朝ご飯を作ってくれました。
鯛の煮物とご飯、きのこの味噌汁に大根の煮物、お浸しに
漬け物です。
シンプルですが、とてもおいしい・
朝食後もしばらくシナリオを書いて12時にチェックアウト
大変お世話になりました。
女将さんの健康が心配です。引退するとお店は閉めちゃうみたい。
また行きたいなあ
和可菜
03-3260-3769

shirow未分類
土曜日の事。 神楽坂にある旅館「和可菜」に行きました。 この旅館は前から行きたいと思っていた旅館で、 東京のど真ん中にある静かな旅館です。 何が有名かというと、この旅館は、 『男はつらいよ』『たそがれ清兵衛』などの 脚本で有名な山田洋次監督や、深作欣二監督、 野坂昭如さんなどが脚本を書く際に缶詰になる旅館です。 昔学生の時に読んだ英語の長文にこの旅館のことが 書かれていて興味を持ったのがウン年前・・・・・・ 今年一年いいシナリオが書けますようにと 願って泊まりました。 事前に予約をしておいて、当日旅館へ 狭い路地を少し入り組んだところに和可菜はあります 玄関を歩き中へ おわぁ・・・・・・これは趣があっていいですな・・・ こんな旅館が2010年に東京のど真ん中にあるとは・・・ ごめんください 奥からおばあちゃんがゆっくりと来ました。 「腰が痛くてね・・・ごめんなさいね」 あぁ、まるでなんというか実家のおばあちゃんの 家に帰ってきたかのような気持ちになれます。 階段を上り、葵の部屋へ ここは山田洋次監督が篭もる部屋だそうです。 やっぱりこういうのは雰囲気が大事です。 部屋に付き、ノートパソコンとポメラを出し シナリオ書きに勤しみます。 シンプルで何も無いので、その分集中出来ます。 旅館を一歩出て外にいけばそこら中に居酒屋があり 誘惑だらけですが、旅館にいる内はとても平和です。 シナリオを書く時はね 誰にも邪魔されず 自由で なんというか 救われてなきゃダメなんだ 独りで静かで豊かで…… その前に坂を下り、飯田橋にあるラーメン青葉に行き 腹に入れてから、旅館に戻ります。 普段の環境とは違うのと、静かな場所なので とても集中して書くことが出来ます。 その後お風呂が沸いたのでお風呂へ 趣のある風呂でとても良い気持ちになれました。 ここで監督も湯船につかりながら シナリオのことを考えていたんだろうか・・・ あー、のぼせるー というので風呂から上がり、さっぱりしたところで またシナリオを書きます。 夜の三時、こんなに筆が進んだのはいつぶりだろうか・・・ 眠りにつくと、遠くから鈴の音が・・・ チリーン チリーン てっきり外道坊が俺を殺しに来たのかと思ったが ねこちゃんがいました。 八時起床、おばちゃんが朝ご飯を作ってくれました。 鯛の煮物とご飯、きのこの味噌汁に大根の煮物、お浸しに 漬け物です。 シンプルですが、とてもおいしい・ 朝食後もしばらくシナリオを書いて12時にチェックアウト 大変お世話になりました。 女将さんの健康が心配です。引退するとお店は閉めちゃうみたい。 また行きたいなあ 和可菜 03-3260-3769