» » You are reading »

【IDGA】SIG-Indie 第3回研究会「シナリオ作成技法とメイキング」

IDGA日本の同人/インディーゲーム部会より
第三回の研究会の概要が告知されました。


———————————————
UDXオープンカレッジ(ゲームクリエーターズ・カレッジ)
IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)
第3回研究会「シナリオ作成技法とメイキング」
———————————————
 IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、第3回研究会を2009年9月12日(土)に開催いたします。
 同人やフリーのノベルゲームシーンの特徴の一つは、制作者たちが、自らの関心から、多様なジャンル(ホラー・伝奇・SF・ミステリーなど)の作品を、自分たちの好きなように自由に制作している点にあります。
 しかしながら、シナリオ、プログラム、CG、音楽などから構成されるノベルゲームを、メンバーのモチベーションを維持し、調整を行いながら制作することは難しく、体験版を作って終わってしまう、という声もしばしば耳にします。
 SIG-INDIEの第3回となる研究会では、「シナリオ作成技法とメイキング」と題し、多様なジャンルで活躍する制作者の方々に、ノベルゲームのシナリオと演出、ゲームを完成させるためのノウハウについて、ご講演いただきます。
 第1回、第2回大会と同じく、数多くの方の参加をお待ちしております。
<概要>
■日時 :2009年9月12日(土) 13:00-18:00 
            (受付時間12:30-)
■場所 UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) 
       サイト
 アクセス http://www.foodtheater.jp/access.html
■主催 :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) サイト
■共催 :UDXオープンカレッジ サイト
■後援:NTT都市開発株式会社/鹿島建設株式会社/ダイビル株式会社/株式会社クロスフィールドマネジメント/株式会社新産業文化創出研究所
■定員 :120名 (ゲームに関心のある方であれば、どなたでも参加できます)
■参加費:研究会のみ 2,000円(入場券チケットを購入して下さい)
    研究会および懇親会の両方に参加 5,500円
                   (全席自由チケットを購入して下さい)
※チケットは、8月20日から「e+」というチケット販売代理システムを利用して行います。
<申込ページ>
申し込みページ
◎プログラム
第1部 13:00 – 13:30
玉川博章 (メディア開発綜研)
「ノベルゲーム作家のキャリアパス」(仮)
第2部 13:40 – 16:50
飯島多紀哉 (七転び八転がり)サイト
「同人と商業における制作スタンスの違い-同人ソフトで利益を出すことは可能なのか?」
七月隆文 (TRiNE) サイト
「ライトノベル作家が体験した、ノベルゲームの制作方法」
ごぉ (ぶらんくのーと) サイト
「二次元と三次元の境界」
櫻龍、七海真咲 (Festival)サイト
「ABYSS開発の過程に見る同人ゲーム制作について」
樹原新 (-atled-制作委員会) サイト
「現代的ドラマを中心としたノベルゲームの作成と共同作業」
tO (PBP) サイト
「スクリプト演出の可能性」
第3部 17:00 – 18:00 ディスカッション
懇親会 18:30 – 20:30  ? UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) セミナーと同じ会場です
シナリオに関するパートということで、タメになることが結構聞ける?
かも知れませんね。今度こそ行きたいっす。

shirow未分類
IDGA日本の同人/インディーゲーム部会より 第三回の研究会の概要が告知されました。 --------------------------------------------- UDXオープンカレッジ(ゲームクリエーターズ・カレッジ) IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie) 第3回研究会「シナリオ作成技法とメイキング」 ---------------------------------------------  IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、第3回研究会を2009年9月12日(土)に開催いたします。  同人やフリーのノベルゲームシーンの特徴の一つは、制作者たちが、自らの関心から、多様なジャンル(ホラー・伝奇・SF・ミステリーなど)の作品を、自分たちの好きなように自由に制作している点にあります。  しかしながら、シナリオ、プログラム、CG、音楽などから構成されるノベルゲームを、メンバーのモチベーションを維持し、調整を行いながら制作することは難しく、体験版を作って終わってしまう、という声もしばしば耳にします。  SIG-INDIEの第3回となる研究会では、「シナリオ作成技法とメイキング」と題し、多様なジャンルで活躍する制作者の方々に、ノベルゲームのシナリオと演出、ゲームを完成させるためのノウハウについて、ご講演いただきます。  第1回、第2回大会と同じく、数多くの方の参加をお待ちしております。 <概要> ■日時 :2009年9月12日(土) 13:00-18:00              (受付時間12:30-) ■場所 UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)         サイト  アクセス http://www.foodtheater.jp/access.html ■主催 :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) サイト ■共催 :UDXオープンカレッジ サイト ■後援:NTT都市開発株式会社/鹿島建設株式会社/ダイビル株式会社/株式会社クロスフィールドマネジメント/株式会社新産業文化創出研究所 ■定員 :120名 (ゲームに関心のある方であれば、どなたでも参加できます) ■参加費:研究会のみ 2,000円(入場券チケットを購入して下さい)     研究会および懇親会の両方に参加 5,500円                    (全席自由チケットを購入して下さい) ※チケットは、8月20日から「e+」というチケット販売代理システムを利用して行います。 <申込ページ> 申し込みページ ◎プログラム 第1部 13:00 - 13:30 玉川博章 (メディア開発綜研) 「ノベルゲーム作家のキャリアパス」(仮) 第2部 13:40 - 16:50 飯島多紀哉 (七転び八転がり)サイト 「同人と商業における制作スタンスの違い-同人ソフトで利益を出すことは可能なのか?」 七月隆文 (TRiNE) サイト 「ライトノベル作家が体験した、ノベルゲームの制作方法」 ごぉ (ぶらんくのーと) サイト 「二次元と三次元の境界」 櫻龍、七海真咲 (Festival)サイト 「ABYSS開発の過程に見る同人ゲーム制作について」 樹原新 (-atled-制作委員会) サイト 「現代的ドラマを中心としたノベルゲームの作成と共同作業」 tO (PBP) サイト 「スクリプト演出の可能性」 第3部 17:00 - 18:00 ディスカッション 懇親会 18:30 - 20:30  ? UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) セミナーと同じ会場です シナリオに関するパートということで、タメになることが結構聞ける? かも知れませんね。今度こそ行きたいっす。

Share this post

You might also like to read:

GADGET

ポケモンGoPlusが買えない件

ポーカー

ポーカーについて語ってみる件

ゲーム

Outlast2の体験版が公開されたのでやる件

» » You are reading »

【海外ゲーム】BionicHeart

久し振りに海外ゲームをプレイ
Tycoon Gamesの Bionic Heart
BionicHeart

舞台は2099年のロンドン
異常気象により大洪水が起き、地表は崩壊の一途を辿っていた。
貴方はナノテクノロジー社のリードプログラマーであり
36才の主人公 ルークバックとなり物語を薦める。
ある日、彼の人生はターニャと出会うことで大きく変わる。
彼女は何者なのか? ルークの何を狙っているのか?
フルバージョンを購入し24の異なるエンディングを
見ることができる。
……あー、まぁこんな感じか。結構適当だけど。
このゲーム、すごいことにフルボイスです。
まじかよ……主人公もフルボイスかよ……





途中からアドベンチャーっぽくなるが
基本的にキャラはフルボイス
女のコの絵柄濃いな~(笑)





ADVなんて日本くらいかと思ったが
海外でもガチンコで作ってるのに少し衝撃を受けた。
しかしDeadSpaceといいこれといい
なぜ中年の渋いおっさんが主人公なんだ……
途中からアドベンチャーパートになったところまで
やった。なかなかストーリーが映画っぽくて面白い。
体験版はここでDL出来ます。
Windowsだけでなく、Mac、Linuxでもプレイできます。
/(^o^)\ナンテコッタイ
製品版はここでDL出来ます。
19ドル!(1800円)
次は異国の人が作った日本のドキドキスクールゲーム(?)
CollegeRomanceをレビューします。

早くも主人公の部屋でスク水金髪少女が!
一体このあとどうなるんだぁーーー!!!!!!!

shirow未分類
久し振りに海外ゲームをプレイ Tycoon Gamesの Bionic Heart BionicHeart 舞台は2099年のロンドン 異常気象により大洪水が起き、地表は崩壊の一途を辿っていた。 貴方はナノテクノロジー社のリードプログラマーであり 36才の主人公 ルークバックとなり物語を薦める。 ある日、彼の人生はターニャと出会うことで大きく変わる。 彼女は何者なのか? ルークの何を狙っているのか? フルバージョンを購入し24の異なるエンディングを 見ることができる。 ……あー、まぁこんな感じか。結構適当だけど。 このゲーム、すごいことにフルボイスです。 まじかよ……主人公もフルボイスかよ…… 途中からアドベンチャーっぽくなるが 基本的にキャラはフルボイス 女のコの絵柄濃いな~(笑) ADVなんて日本くらいかと思ったが 海外でもガチンコで作ってるのに少し衝撃を受けた。 しかしDeadSpaceといいこれといい なぜ中年の渋いおっさんが主人公なんだ…… 途中からアドベンチャーパートになったところまで やった。なかなかストーリーが映画っぽくて面白い。 体験版はここでDL出来ます。 Windowsだけでなく、Mac、Linuxでもプレイできます。 /(^o^)\ナンテコッタイ 製品版はここでDL出来ます。 19ドル!(1800円) 次は異国の人が作った日本のドキドキスクールゲーム(?) CollegeRomanceをレビューします。 早くも主人公の部屋でスク水金髪少女が! 一体このあとどうなるんだぁーーー!!!!!!!

Share this post

You might also like to read:

GADGET

ポケモンGoPlusが買えない件

ポーカー

ポーカーについて語ってみる件

ゲーム

Outlast2の体験版が公開されたのでやる件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA