IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)
第2回研究会「ゲームデザインとメイキング」

IDGAのサイトでSIG-INDIEの第2回研究会の詳細が公開されました。

IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、
第2回研究会を2009年7月11日(土)に開催いたします。
最近の商業ゲームは予算・人員の両方で大規模化が進んでいます。
予算面での大規模化でゲームは内容・デザインで冒険を避けるように
(万人向けになるように)なり、
人員面での大規模化でゲームにクリエイターの強い個性が
ゲーム内容に反映されにくいようになってきています。
また、ゲームの大規模化で1本の開発期間が長くなることで、
若い開発者が「1本のゲームを作りきる」経験を積むことが
難しくなってきていることも危惧されています。
商業ゲーム開発者がインディーズゲームに注ぐ熱い視線には、
「ゲームデザイン・技術・表現形態などでクリエイターのアイデアが表に出てきやすい」
ことが一つの理由となっていることは言うまでもありません。
SIG-INDIEの第2回研究会では、インディーズゲーム開発者の方々に
「アイデアや技術的チャレンジをゲームでどう表現し実現するか」
について講演していただき、
「クリエイターの個性とゲームバランスと製作工程をいかに調和させるか」
についてのディスカッションができればと思います。

<概要>
■日時 :2009年7月11日(土) 13:30-17:30 
(受付時間12:30-)
■場所 :文京学院大学・本郷キャンパス 
B館8Fウィングホール
HP
■主催 :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) http://www.igda.jp/
■協力 :文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター
HP
■定員 :180名
■参加費:研究会のみ 1,500円(入場券チケットを購入して下さい)
研究会および懇親会の両方に参加 4,500円
プログラムはこんな感じ。
第1部
文京学院大学 コンテンツ多言語知財化センター
「本学 コンテンツ多言語知財化センターの取り組み」
13:35 – 13:45
新清士 (IGDA日本)
「Sense of Wonder Night 2009の紹介」
13:45 – 14:10
小山友介 (芝浦工業大学)
「商業ゲームの保守化とインディーズゲームへの期待」
第2部
14:20 – 14:50
muracha (Easy Game Station)
「画面作りから見るゲームメイキング」
HP
14:50 – 15:20
isao (神奈川電子技術研究所)
「あかんゲーム と ええゲーム」
HP
15:20 – 15:50
小川幸作 (チームグリグリ)
「メンバーの個性を生かすゲーム作り」
HP
15:50 – 16:20
OMEGA (OMEGA)
「ゲームルールをデザインするね」
HP
第3部:ディスカッション 
muracha (Easy Game Station)
isao (神奈川電子技術研究所)
小川幸作 (チームグリグリ)
OMEGA (OMEGA)
たまって (Straβe Neun) http://taillove.jp/neun/
小山友介 (芝浦工業大学)
時間があれば行ってみたいなぁ。

shirow未分類
IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie) 第2回研究会「ゲームデザインとメイキング」 IDGAのサイトでSIG-INDIEの第2回研究会の詳細が公開されました。 IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、 第2回研究会を2009年7月11日(土)に開催いたします。 最近の商業ゲームは予算・人員の両方で大規模化が進んでいます。 予算面での大規模化でゲームは内容・デザインで冒険を避けるように (万人向けになるように)なり、 人員面での大規模化でゲームにクリエイターの強い個性が ゲーム内容に反映されにくいようになってきています。 また、ゲームの大規模化で1本の開発期間が長くなることで、 若い開発者が「1本のゲームを作りきる」経験を積むことが 難しくなってきていることも危惧されています。 商業ゲーム開発者がインディーズゲームに注ぐ熱い視線には、 「ゲームデザイン・技術・表現形態などでクリエイターのアイデアが表に出てきやすい」 ことが一つの理由となっていることは言うまでもありません。 SIG-INDIEの第2回研究会では、インディーズゲーム開発者の方々に 「アイデアや技術的チャレンジをゲームでどう表現し実現するか」 について講演していただき、 「クリエイターの個性とゲームバランスと製作工程をいかに調和させるか」 についてのディスカッションができればと思います。 <概要> ■日時 :2009年7月11日(土) 13:30-17:30  (受付時間12:30-) ■場所 :文京学院大学・本郷キャンパス  B館8Fウィングホール HP ■主催 :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) http://www.igda.jp/ ■協力 :文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター HP ■定員 :180名 ■参加費:研究会のみ 1,500円(入場券チケットを購入して下さい) 研究会および懇親会の両方に参加 4,500円 プログラムはこんな感じ。 第1部 文京学院大学 コンテンツ多言語知財化センター 「本学 コンテンツ多言語知財化センターの取り組み」 13:35 - 13:45 新清士 (IGDA日本) 「Sense of Wonder Night 2009の紹介」 13:45 - 14:10 小山友介 (芝浦工業大学) 「商業ゲームの保守化とインディーズゲームへの期待」 第2部 14:20 - 14:50 muracha (Easy Game Station) 「画面作りから見るゲームメイキング」 HP 14:50 - 15:20 isao (神奈川電子技術研究所) 「あかんゲーム と ええゲーム」 HP 15:20 - 15:50 小川幸作 (チームグリグリ) 「メンバーの個性を生かすゲーム作り」 HP 15:50 - 16:20 OMEGA (OMEGA) 「ゲームルールをデザインするね」 HP 第3部:ディスカッション  muracha (Easy Game Station) isao (神奈川電子技術研究所) 小川幸作 (チームグリグリ) OMEGA (OMEGA) たまって (Straβe Neun) http://taillove.jp/neun/ 小山友介 (芝浦工業大学) 時間があれば行ってみたいなぁ。