Live2DAnimatorというツールが気になっています。

Live2Dは、イラスト、マンガ、アニメなどの2D画像を、 2D独特の形状や画風を保ったまま、立体的に動かすことのできる独自の表現手法です。
 ゲームや映画など様々な映像制作で3Dが活用されています。しかし、マンガやイラストなどの表現は、3Dで表現するのが必ずしも妥当とは言えません。トゥーンレンダリングなどによりアニメ風の映像も作ることができるようになりましたが、マンガやアニメなどのキャラを完全に3Dモデル化できない、画風や影の付け方を思い通りに再現できない、3D化するのに熟練の技術を要するなど、課題は山積みです。
  Live2Dは、そのような3D特有の問題を回避するため、3Dとは全くことなるアプローチで、3Dのようにダイナミックな表現を実現する仕組みとして開発されました。
「3Dが唯一の立体的でダイナミックな表現 」
    という「常識」を打ち破ること
それが、Live2Dの最初の目標です。
そして、Live2Dの普及によりクリエータの表現の幅を広げることができると確信しています。

ほー、アニメも出来るのか!
これで個人レベルでの映像作品も、幅が広がるってもんですね。素敵。
今回は登場キャラが瞬きをする予定なんですが
やっぱり髪が動いたり、胸が動いたり……したくなるんですよねぇ
OPなんかで、数フレームでいいので
アニメをなんとかやってみたいなぁと思うんですが、いかんせん手間もかかる……!
なんとか良い方法は無いだろうか……
関係ないですが日本映画監督協会でやっている
アニメ監督の杉井ギサブローさんとりんたろうさんの対談が面白い。
アニメ監督ってなんだ!~杉井ギサブロー監督/りんたろう監督~対談

shirow未分類
Live2DAnimatorというツールが気になっています。 Live2Dは、イラスト、マンガ、アニメなどの2D画像を、 2D独特の形状や画風を保ったまま、立体的に動かすことのできる独自の表現手法です。  ゲームや映画など様々な映像制作で3Dが活用されています。しかし、マンガやイラストなどの表現は、3Dで表現するのが必ずしも妥当とは言えません。トゥーンレンダリングなどによりアニメ風の映像も作ることができるようになりましたが、マンガやアニメなどのキャラを完全に3Dモデル化できない、画風や影の付け方を思い通りに再現できない、3D化するのに熟練の技術を要するなど、課題は山積みです。   Live2Dは、そのような3D特有の問題を回避するため、3Dとは全くことなるアプローチで、3Dのようにダイナミックな表現を実現する仕組みとして開発されました。 「3Dが唯一の立体的でダイナミックな表現 」     という「常識」を打ち破ること それが、Live2Dの最初の目標です。 そして、Live2Dの普及によりクリエータの表現の幅を広げることができると確信しています。 ほー、アニメも出来るのか! これで個人レベルでの映像作品も、幅が広がるってもんですね。素敵。 今回は登場キャラが瞬きをする予定なんですが やっぱり髪が動いたり、胸が動いたり……したくなるんですよねぇ OPなんかで、数フレームでいいので アニメをなんとかやってみたいなぁと思うんですが、いかんせん手間もかかる……! なんとか良い方法は無いだろうか…… 関係ないですが日本映画監督協会でやっている アニメ監督の杉井ギサブローさんとりんたろうさんの対談が面白い。 アニメ監督ってなんだ!~杉井ギサブロー監督/りんたろう監督~対談